成田空港駐車場での長期利用の仕組み

成田駐車場を長期間利用する場合の気になる費用や利用方法とは? - 成田空港駐車場での長期利用の仕組み

成田空港駐車場での長期利用の仕組み

qwertrs
仕事やレジャーなどで、長期間車を駐車しなければいけないことがあると思います。出発の時に成田空港を利用する場合、大体どのくらいの値段になるのでしょうか。また、どのような利用方法があるのか、調べていきましょう。空港周辺にはたくさんの民間パーキングがありますので、自分が利用したいパーキングの料金やプラン設定と比較してみてもいいかもしれません。

どのくらいまで長期間利用することができるの?

成田空港直営のパーキングは、基本的に日数制限を明確にしていません。しかし、だからと言ってずっと停めておけると言うこともありません。20日以上の駐車が予定されているときは、事前に連絡をしたり、予約をすることが必要となります。また、予約には料金が必要となるので、注意しましょう。
また、駐車して90日以上パーキングに連絡をしていない場合は、車両処分をされ、その分の経費なども請求されることになります。

利用するターミナル別に考えておく

成田空港には、ターミナルが3つあります。各ターミナルは、自分が利用する航空機のチケットなどに明記されているので、事前に知ることができます。そのターミナルに合わせて、パーキングを変えなければいけません。もちろん、成田空港周辺や、敷地にも案内はありますが、前もって場所を把握しておくことで、スムーズに利用することができますし、繁忙期の時などは便利に利用することができます。
どの駐車場を利用しても、目的ターミナルに行けないということはありませんが、最寄り出なくては、急いでいる時に不便です。第一ターミナルを利用するときは、P1もしくはP5パーキングが最寄りとなり、第二ターミナルを利用するときは、P2もしくはP3パーキング、第三ターミナルの場合は、P2パーキングが最寄りとなっているので、これを踏まえて利用しましょう。また、パーキングに駐車してからターミナル内に向かう際のルートもHPなどから確認することができます。

料金形態を知っておく

htrsthrs
料金は、駐車する車の種類によって変わります。ここでは、普通車で考えます。また、利用するパーキングによっても金額が変わります。安さを求めるなら、P3、P5パーキングですが、民間パーキングに比べるとやはりこちらの方が高くなってしまいます。
P1・P2駐車場は、最初の3.5時間までは、30分260円となっています。P3・P5駐車場になると、30分210円となります。見送りの人が車を運転して帰る、と言う場合は、3時間も居ないので、こちらを利用してもいいかもしれません。
3.5時間以上利用するという時は、定額となり、更に長期間となる場合は追加料金が一定額加算されていきます。

長期利用するときは民間とどちらがお得?

長期の滞在が分かっているときは、直営のパーキングよりもやはり民間パーキングの方がお得だということがわかります。と言うのも、料金形態が全く違うからです。民間パーキングの場合は、日にち計算をしてくれたり、一時間ごとの計算になったりと明確になります。
また、基本的な料金が断然安いので、どんなに長期になったとしても、民間の方が安いと言えるかもしれません。また、最近ではセキュリティがしっかりしている民間パーキングもありますので、直営パーキングばかりが良いということはありません。自分のニーズに合った利用方法を考えることで、旅行や仕事を有意義に進めることができるはずです。少しでもお得に成田空港駐車場に長期駐車で利用したいという場合は、まず料金の計算をしておきましょう。